2010年05月28日

妊娠知った数日後、別の女性と結婚 堕胎容疑の医師(産経新聞)

 交際女性の同意を得ずに子宮収縮剤を投与して流産させた事件で、不同意堕胎容疑で逮捕された小林達之助容疑者(36)=金沢市もりの里=は女性から妊娠を告げられた数日後、現在の妻と結婚していたことが21日、捜査関係者への取材で分かった。交際女性は妊娠を伝えた約10日後に流産しており、警視庁捜査1課は、小林容疑者が現在の妻との結婚を控え、女性との関係を早く解消するために犯行に及んだとみて、詳しい動機を調べている。

 捜査関係者によると、小林容疑者は平成20年12月末、女性に妊娠を告げられたが、その数日後の1月上旬には、現在の妻と結婚した。

 一方で、小林容疑者は妊娠を告げられた翌日に処方箋(せん)を捏造(ねつぞう)し、勤務先の東京慈恵会医科大学付属病院(東京都港区)の薬剤部から子宮収縮剤の錠剤を入手していた。

 女性が渡された錠剤と、小林容疑者が同病院に提出した偽の処方箋の内容は一致しているが、捜査1課によると、女性は「(小林容疑者は)他にも錠剤を持ってきた」と話しているという。

【関連記事】
妊娠知った翌日 別の患者名で錠剤不正入手
妊娠伝え10日後に流産 堕胎容疑の医師 すぐに犯行計画か
不同意堕胎事件 容疑の医師を送検 警視庁
堕胎医師、犯行前後に結婚ほのめかす 安心させる偽装工作?
同業医師が衝撃告白…イケメン“堕胎”医師、5つのナゼ
中国が優等生路線に?

西日本で大雨、東に拡大へ=低気圧北上、警戒を―気象庁(時事通信)
口蹄疫 最上級種牛を殺処分 ワクチン接種開始(産経新聞)
<茨城空港>春秋航空と上海定期便の就航交渉 橋本知事、強い期待感(毎日新聞)
暴行隠しの書類作成、元刑事課長ら懲戒処分 京都府警(産経新聞)
<地震>沖縄県大東島で震度4=午後5時53分(毎日新聞)
posted by イシマル ミツコ at 15:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。