2010年03月31日

31日に党首討論決定(時事通信)

 衆参両院の国家基本政策委員会は26日午後の合同幹事会で、鳩山政権発足後2回目の党首討論を31日に開催することを決めた。鳩山由紀夫首相に対し、自民党の谷垣禎一総裁と公明党の山口那津男代表が論戦に臨む。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

国家公安委員長、議員宿舎キーを女性に貸与報道(読売新聞)
“国境の島”は外国人参政権付与に反対 与那国町、壱岐市など(産経新聞)
千葉県警元警部補に有罪=覚せい剤使用「信頼損なう」−東京地裁(時事通信)
障害者自立支援法、違憲訴訟で初の和解(読売新聞)
<行方不明>海岸で遺体発見 長崎・雲仙の女子高生か(毎日新聞)
posted by イシマル ミツコ at 12:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。