2010年04月14日

元横綱主治医、1億円所得隠し=架空経費を計上−東京国税局(時事通信)

 大相撲の元横綱朝青龍の主治医を務めた本田昌毅医師(39)と、同氏が代表を務める病院運営会社「ホンダメディカルホールディングス」(東京都港区)が東京国税局の税務調査を受け、2008年までの3年間で計約1億円の所得隠しを指摘されたことが10日、分かった。
 申告漏れ総額は約3億円で、重加算税や過少申告加算税を含む追徴税額は約1億円とみられる。すでに修正申告に応じたもようだ。
 関係者によると、本田医師は東京など約10カ所で美容外科クリニックを運営しているが、税務調査の結果、ホンダメディカルをめぐり、架空の経費を計上して法人所得を少なく申告していたほか、個人所得についても一部を除外していると判断されたという。 

【関連ニュース】
【特集】朝青龍騒動記〜ついに引退表明〜
【相撲コラム】土俵百景
〔写真特集〕現金ざくざく! 脱税摘発
〔写真特集〕貴乃花親方
〔写真特集〕偽札の実態〜巧妙化する偽造手段

小沢氏元秘書、高橋嘉信・元議員が引退意向(読売新聞)
ポーランド大統領事故死 「追悼70年の旅」悲劇 選挙繰り上げ実施(産経新聞)
核不拡散で貢献策表明へ=鳩山首相、米国に到着−核安保サミット(時事通信)
<シカ被害>山林食害は古着で撃退 山梨の農家(毎日新聞)
新党との連携を否定=平野官房長官(時事通信)
posted by イシマル ミツコ at 02:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。