2010年04月30日

福島社民党首「連立離脱の段階では全くない」(読売新聞)

 社民党党首の福島消費者相は29日、都内で記者団に対し、沖縄の米軍普天間飛行場の移設について、「社民党は(沖縄県名護市の)辺野古沿岸部や、その修正案には明確に反対だ」と述べ、現行計画を修正する政府の最終案に反対する考えを強調した。

 昨年12月に「現行計画での決着なら、重大な決意をする」と連立離脱を示唆したことについては、福島氏は「全く変わらない。首相とよく話し合う」と語った。

 ただ、一方では、「鳩山首相とともに全力を挙げて問題解決に頑張るべき時だ。連立離脱という話をする段階では全くない」と述べ、当面は政権内にとどまり、国外・県外移設を働きかけていく意向を示した。

亀井郵政改革・金融相「花も嵐も乗り越えて、鳩山政権は突き進む」 小沢氏「起訴相当」で(産経新聞)
自民の水野賢一氏が離党届を提出 参院選出馬に前向き(産経新聞)
2・2億 3被告に追徴金 株価操縦 早大OBら有罪(産経新聞)
民主党トラック議連「上限料金制見直しを」(産経新聞)
【暗流独法「仕分け」】万博機構、存廃が焦点(産経新聞)
posted by イシマル ミツコ at 13:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。